Sons do Japão

SONS DO JAPÃO
do tradicional ao moderno
 
 
 
Informações
Página Principal
Apresentação
日本語
Artistas
Programação
プログӤ
Comentários
Galeria de Fotos
 
Instrumentos
Koto
Shakuhachi
Shamisen
 
 
















 
日本語

 

2008年 日伯交流年 ・ブラジル日本移民100周年記念公演


    日本の音色 - 古典から現代へ

     日伯交流年ならびに日本移民100周念を記念して、日本の伝統音楽を

       代表する三曲(箏・三味線・尺八)公演をブラジル各地で!

 

企画趣旨: 現在、ブラジル社会では日本の文化が高く評価され、伝統文化に限らず、現代文化、商業、工業など、様々な観点から日本は知られています。

 

 なかでも最近ではヨサコイソーランや太鼓などは一気に人気がでて、国内中でそれらの活動グループが広まり、また、全国大会などが定期的に行なわれています。   

この企画は、このように日本のリズムや音に親しみを持つブラジル人に、日本でも古くから伝わり、最も一般の人々に親しまれている筝曲をはじめ、三味線、尺八音楽を、古典ものから、海外ではあまり知られていない現代曲なども紹介することを目的としています。

日系社会に留まらず、非日系社会に向けた公演、また、大学(あるいは小、中,高校)でのワークショップや、例えばコンサートに来る事が出来ない老人や入院中の方が音楽を聴くことが出来る病院などでの慈善公演予定しています。

この公演は筝曲演奏家、川村昌子女史が約10人構成で来伯。演奏家・作曲家とも日本を代表した沢井忠夫合奏団員、また沢井筝曲学院教師、武蔵野音楽大学教師などを勤めるほか、演奏活動も多く、典型的な筝曲をはじめ、ポピュラーやジャズなど、幅広いジャンルで様々なアーチストとの共演も数多い、美しい音色とダイナミックな技術の持ち主です。 

  (* 川村女史は国際交流基金助成事業で2000年に北京、2004年にはイタ 

   リア公演を実施している) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 Voltar

Esse site foi acessado 1310126 vezes
2008 - ACE Vargem Grande Paulista
Rod. Raposo Tavares, Km 45 - Centro - Vargem Grande Pta. - SP
Informações: (11) 4158-3660
Email para contato: acevgp@acevgp.com.br